軍手

DSC_0129.jpg
諫早のセブンイレブンの入り口横にて。

社員の松尾君が使っているものと同じである。

いろんな所で見かける。

松尾君もいろんなところに置きっぱなしにして、軍手が無いと騒いでいる。

しまいには、他の社員に使ってないか疑う始末。

ここに置いてあったと教えてあげよう。
株式会社太陽野菜 | 2014.01.10 Friday | カテゴリー : 出来事(ケン) | comments(0)

新年あけましておめでとうございます!

DSC_0104.jpg
今年からまたブログ更新していこうと思う。

忙しいことにかまけて、さぼってしまったが、やりたかったことの本質は実はこんなことにあったりする。

毎年初詣にお参りする神社へ行っておみくじを引いてみるとめでたく大吉。

今年はいろんな事が目白押しの勝負の年である。

ふわふわせずに一個一個しっかりと成功させていこう。
株式会社太陽野菜 | 2014.01.01 Wednesday | カテゴリー : 出来事(ケン) | comments(0)

イイダコ

2011041601070000.jpg
晩飯はイイダコ。

今が旬の一品である。

こんな食べ物が、普通に食卓にあがるような
田舎ならではの環境に感謝。

ビールがうまそうだ。
株式会社太陽野菜 | 2011.04.15 Friday | カテゴリー : 出来事(ケン) | comments(0)

ホームページリニューアル&ネットショップ開設にむけて

2011041422200000.jpg
このところ、妻と二人めっきり引きこもりで
パソコンの前にお地蔵さまのように座りっきりで
ネットショップ開設と、それに合わせたホームページリニューアルをしてい。


事務仕事って大変である。
八つ当たりして、パソコンを窓から投げたくなってくる(笑)


青空のもとでの、畑仕事の良さを改めて思い知っている。
株式会社太陽野菜 | 2011.04.13 Wednesday | カテゴリー : 出来事(ケン) | comments(0)

黒にんにく

2011041222350000.jpg
福岡からスーパーマーケット、サニーのバイヤーさんと
そこに納品されている卸売業の取引先さんと来られたときに
お土産に持ってきて頂いた『黒にんにく』。


最初、見たときは、
「なんこれ!?」
と思ったが、食べてみるとプルーンみたいで癖になりそうである。

アミノ酸たっぷりで、体にもいいそうだ。


匂いも臭くないし、しかし、間違いなくニンニクである。
不思議な感じがするが、ドライフルーツを食べるような感覚で
「1日2個を目安に…。」と書いてあるが
ついつい手がのびてしまう。
株式会社太陽野菜 | 2011.04.12 Tuesday | カテゴリー : 出来事(ケン) | comments(0)

南串山町ダイエットクラブ成果報告会

2011040904360000.jpg
ダイエットの成果報告の前に…

まず、この前のブログのイチョウの話。

昨日、新入学中学生になった甥っ子の理科の教科書をみていたら
実は、雄花だったことがわかった。

やっぱり、雄々しいのが、夫であった。

皆さん、それとイチョウのご両人
間違ってしまって申し訳ありませんm(__)m



それでは、ダイエットの話。


つい先日、第二回南串山町ダイエットクラブ(メンバー3人)の体重測定会を行った。

今月の結果は、私はマイナス4kgで第2位であった。

2月1日から開始して、月の始めに測定会を行い
これまでのメンバーのダイエットの成果は以下の通り。

K(マイナス6.4Kg)
83→78(2位)→76.6(3位)

T(マイナス8kg)
74.6→72.2(3位)→66.6(1位)

私(マイナス11.8kg)
77→69.2(1位)→65.2(2位)


私は後7〜8kg痩せたら目標体重クリアするので
あと1〜2ヶ月で、このクラブを卒業するつもりである。


お陰で食生活が改善され、
毎日、健康的な野菜中心の食事である。

あれだけ、毎日食べないと気が済まなかった四つ足動物の肉も
今では、週に一度食べるか食べないかである。

こう、離れたところから以前の食生活の自分を見てみると
私にとって「肉」って
「欲」に例えられる「海水」のようで
喉が乾いて、それを飲み
飲めば飲むほど、また、喉が乾くようなもののようであった。

今でも肉は好きだが、たまに食べる楽しみも、その美味しさも
以前よりも、今の方が増したような気がする。


ダイエット(食生活)とは、自分の生活や体質をよく知って
それをストレスを少なく楽しみながら改善することと見つけたり、かな。



野菜中心の食事になって、プロの農家でありながら、
今まで気付けなかった野菜の良さを改めて知り、
また、仕事に活かせそうな、そんな気もしている。
株式会社太陽野菜 | 2011.04.08 Friday | カテゴリー : 出来事(ケン) | comments(2)

イチョウの花

2011040700180000.jpg
早崎の畑のすみにある夫婦(めおと)イチョウ。
その婦人のほうが小さな花をたくさんつけていた。

イチョウの花は、桜と同じ頃か。


この夫婦、夫の方は、シュッとしていて、
こんなことを言ったら失礼かもしれないが、婦人の方が雄々しく立っている。


社長は、毎年、
「こら、きらにゃん。」
(これは切らないといけない。)
と言っている。

さぞ、この夫婦イチョウも心配していることだろう。

大丈夫、あんなん言いよるけど、切らんけん。




追記

画像の花は雄花でした。スミマセンm(__)m
株式会社太陽野菜 | 2011.04.06 Wednesday | カテゴリー : 出来事(ケン) | comments(0)

万月堂の桃カステラ

201103170736000.jpg
長崎では、桃の節句の風物詩である。

私も幼い頃からよく知ってはいたが、そんなに食べる機会はなかった。

たまに家あっても、そんなに食べもしなかった。


結婚してから、この「万月堂」というお菓子やさんが妻の親戚だということで、
忙しい桃の節句が終わった頃、いくつか頂くようになった。


そうしたら、これが
「桃カステラってこがんうまかったっけ?」
と妻に聞いたくらいうまかった。
上のお菓子とスポンジのバランスが絶妙である。


後で聞いた話だが、「万月堂の桃カステラ」っていうのは
長崎県民、特に、長崎市民には有名で、また、特別だということだった。

近頃は、福山雅治さんがラジオか何かで言ったらしく
それでまた、注文が増えたそうだ。


今年もいくつか頂いて、自分家だけでは食べきれないから
妻が私の母や、その姉妹(叔母)に配ってくれた。
知らなかったが、私のまわりにも
案外、万月堂の桃カステラファンがいた。


今年は、ダイエット中だったから食べるかどうか悩んだが
我慢できなかったから、念のため?ファンケルの「カロリミット」を飲んで食べた。



うん、やっぱ、絶妙。
株式会社太陽野菜 | 2011.04.04 Monday | カテゴリー : 出来事(ケン) | comments(2)

春雷、轟く

2011032921000000.jpg
午前中、カボチャを植えて
午後、皆、休みにして、妻と二人、カボチャ苗の摘芯を行った。

いつも一人寂しく黙々とやっていたから
話し相手がいるだけで、気分が違うものである。

そうそう、先日、iPodなるものを買って
このところ、それで色々聴きながらやっていた。
久しぶりに、最新機器(でもないかな?)に触れた。



今日は、妻とおしゃべりしながら、ポカポカ陽気のなか作業していた。
3時頃、日が陰りだし、育苗ハウスから出て西の空をみてみると
真っ暗な雲が、ぎゅうぎゅう重なって
みるみるこちらに迫ってきていた。

妻が
「雨が降るっていいよったかな?さっきから何か鳴りよると雷やったばいね。」
と言ったから
「昼前の予報では、にわか雨って言いよったけどね。」
と答えた。


ほどなく、すべての苗を摘芯し終わり、ハウスを出た。

その頃には、予報通り、にわかに雨が降りだし
雷もどんどん近づいてきた。


家に着き、遮るもののなく海が広がる窓から、西の空を見ていると
何度と無く、空と海の間に雷が一瞬現れ、消える。
数秒後、凄まじい雷鳴とともに、サッシがピリピリと音をたて響いている。
空震である。


こういう大きな力を目の当たりにしたとき、
畏怖の念をもって、体が固まってしまうが
しかし、どこか、「すごいなぁ」って魅入ってしまいしばらく目をそむけなくなってしまう。


この感じの前線がくるようになると、もう、強い寒や霜は来なくなるようだ。


4月4日新月を迎えて、18日〜19日にかけて満ちる。
今年は春作の作物にとっては、なかなか良いタイミングではないかな、と思う。

それにしても、この雷、
友達の家へ行っている長女も保育園にいる次女も怯えてはなかろうか。
株式会社太陽野菜 | 2011.03.29 Tuesday | カテゴリー : 出来事(ケン) | comments(0)

M.I.U.Project

2011032723360000.jpg
24日、県庁と振興局の農林水産部の方たちと
「地域の農業をどう進めていくべきか」
という座談会のようなものを開いた。

的がぼんやりしているが、ひとまず、第一歩を踏み出した。

「そんなん、各々の農家だったり、農協だったり、団体だったりがやりゃいいやん。」

って言われそうだが、実際、言われた。

それだと、うまくいってもその中だけで終わってしまう。
出来ない農家は、そこから弾き出してでもやろうと思えば出来るだろう。


出来る人だけ各々が、やるのも大事だが、地域の農業に関わるみんなが
互いの塀を越えて、取り組んでいく仕組みをつくりたい。
なにも塀は取っ払わなくても良い。


別に、各々が意識しようがしまいが、
結果的にそういう方を向いて、
仕事も楽になって、経済的にも心も豊かになれる
そんな仕組みを目指したい。

お年寄りも誰も溢れることなく、徹底できて、かつ、押し付けず、自発的に出来る仕組み。

「溢れること無くって、そりゃ、難しいですね。」
と言われたが、いきなりは難しい。

ただ、私がそう強く思うのは
今日まで、「子の代、孫の代、ひもじい思いをしないように。」と
農業を作ってきた人達の想いを「時代が変わった。」という理由で踏みにじりたくない。
感謝して、その上に積み上げていくべきだと思うから。
それと、切り捨ての考え方が、耕作放棄地をつくり、
価値のある地域の農業を衰退させたと思うからである。
耕作放棄地は、なるべくしてなったのも頭ではわかるが、
心では農家のせがれとしてなんとも哀しく情けなくてならない。


今ある農業は資本の原理、市場原理主義をそのまま農業に持ってきて、うまくいってない農業と
逆に、そんなのに憧れて、お金と仕事に振り回されている農業が多いような気がする。
それも、それで良いのかもしれないが、やっぱり何か足りないようでならない。

まだ、ぼんやりしているところもあるが
目の前ことを一つ一つ、乗り越えていって
「長崎産」「made in NAGASAKI」
というだけで品質を信頼してもらえるような産地になれたらいいな、と思う。

そして、つくる人の心も食べてくれる人の心も豊かであってくれたらいいな、と思う。

まずは、モデル地区をつくることから…。


ついに始動した?私の会社経営との二本立てで生涯の仕事にしていきたい仕事。
made in Unzen project(仮)
(私が勝手に呼んでいるだけです。)
これが、M.I.Nagasakiに発展させられるように頑張ろう。


今回のメンバーは私を含めて4人。
こんな雑談会でもやりながら、ちょっとづつメンバーが増えていったらなぁ。
株式会社太陽野菜 | 2011.03.27 Sunday | カテゴリー : 出来事(ケン) | comments(0)
Page: 1/28   >>

Entry

Category

Comment

Archives

Search

Link

Feed

Mobile

qrcode