リニューアルオープン!

本日、株式会社太陽野菜ホームページをリニューアルオープン致しました!
大変ながらくお待たせしました!

ブログ、facebookにて農場の状態や近況をご報告いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
株式会社太陽野菜 | 2015.05.05 Tuesday | カテゴリー : 栽培全般 | comments(0)

キャベツの草掃除

2011041807040000.jpg
春作の寒玉キャベツ。
お客さんから依頼を頂いて、試験的に作付している。
生育は順調。

『一号』っていう品種と『コーラス』っていう品種だが、
『一号』のほうが生育は旺盛で
葉っぱが特徴的である。

社長も
「おら、こがんキャベツな初めてみっだい。」
(俺はこんなキャベツは初めてみるよ。)
と言っていた。


先日、管理機で中耕したが、こさぎきれなかった部分を
鍬でこさいでいく。

肩、腰いたくなるが、パソコンの前でそうなるのよりも
いくら分も良い。
株式会社太陽野菜 | 2011.04.17 Sunday | カテゴリー : 栽培全般 | comments(2)

玉ねぎの選果機

2011040807050000.jpg
社長がどっかから、数年前に拾ってきていたもの。

倉庫の片隅におかれていて、たまに、邪魔になっていたぐらいの機械であったが、
数年ぶりに日の目を見て、大活躍である。


単純なつくりの機械であるが、無駄がなく良くできている。


ただ、機械の両側に二人いて
切り口が引っ掛かったやつを正しい向きに変えてあげないていけない。

そこを工夫したらあと一人は要らなくて済む。

なんか取り付けよう。


社長もこれがやっと、邪魔ながらくたから、有益な農機へなってくれたのが嬉しかったようだ。
「これば、手でいっちょいっちょしよったら、こら終わらんど!」
(これを手で一つ一つしていたら、いつまでも終わらない。)
「た〜こるのあったけん、よかったにゃ〜!」
(嗚呼!これがあったから、よかったな〜!)
とニコニコ顔で、大きな声の独り言をずっと言いながら作業している。
株式会社太陽野菜 | 2011.04.07 Thursday | カテゴリー : 栽培全般 | comments(0)

玉ねぎ引き

2011040222090000.jpg
「久々、玉ねぎ引きでもしたかなぁ。」
って思っていたら、玉ねぎを引くことになった。

玉ねぎを引くっていうのは、玉ねぎを収穫するっていう意味である。



先日、うちの社長が、たまたま古い知人と久しぶりに会った。
それで、その人から、
近所の農家のおじさんが、脳梗塞で倒れて、入院しているから、変わりに玉ねぎを引いてくれないか、
と、頼まれたらしい。


そんな訳で、念願の玉ねぎ引き。

普段、あんまりやらない仕事は楽しいもんである。
土曜日で学校が休みだった長女も頑張って手伝ってくれた。

今度、玉ねぎ、ちょっと作ってみようかな。

試しに、肥料やらずに、消毒もせずに、マルチもはらずにやってみよう
って、それらの変わりにやることを考えながら引いていたら、あっという間に引けた。

一人で半分、趣味でできるくらいやってみよう。
壱畝くらい。
株式会社太陽野菜 | 2011.04.02 Saturday | カテゴリー : 栽培全般 | comments(2)

陸の海月

2011031923050000.jpg
クラゲって海にいる。

キクラゲは山にある。

で、上の画像もクラゲであるが、畑にある。

その名も「山クラゲ」。


なんとも、ややこしい。


これが、結構ウマイ。


キク科の作物で、レタスの仲間でもある。

洋風では、ケルンだったかな?

お客様からの依頼で、試作している。


新しモン好きで、早いモン好きの社長は、
倉庫の近くの畑の一番人目につく道端に作ることにした。


社長には聞きづらいのか、私に
「そら何ね!?」
と、近所の農家さんから聞かれる。

何とも説明しにくく
「山クラゲとか言うて変わったレタスんごたるしなもんです。」
と答える。
株式会社太陽野菜 | 2011.03.19 Saturday | カテゴリー : 栽培全般 | comments(0)

オランダ絹さや開花

2010120322550000.jpg
月齢26.9
中潮。
オランダ絹さやの第一陣花たちが咲き出した。

15節目くらいだろうか?

10日ほど前に見たときに、咲いていた花が、3つほどあって
今、7cmくらいの絹さやができていたから、
あと、2週間くらいしたときは、採り盛りかな。


春先になると、実が大きくなり、商品価値が落ちてくるらしい。

絹さやは、種を落とす為に、絹さやをつくるんだろうが、
どういうわけか、寒いと種をふくらまかせないようだ。


花が咲くのが、生殖的な動きなんだろうけど、
実を太らせるっていう、もう一段階の生殖的な動きをもっているように思える。

どういう理由があるのか、よく、観察しとこう。
株式会社太陽野菜 | 2010.12.03 Friday | カテゴリー : 栽培全般 | comments(0)

オランダ絹さや

2010112503330000.jpg
長崎県民には馴染み深いリンガーハットの
チャンポンに入れるオランダ絹さや。


その生育の具合を確かめに、福岡から来客があった。

私と同年代の農家仲間がつくってくれていて、
ちゃんと手入れも行き届いていて、
生育も今のところ問題ないようにみえる。


ただ、作ってくれている人も、私も絹さやなんて、
ましてや、豆なんて、自家用以外につくったことないから、

いつ花が咲いたらいいのか?
節間の長さはこれくらいでいいのか?

とか、思案しながらやってもらっている。


基本的な考え方は普段と同じだが、
やったことない作物は、色々、珍しいことが多く
新鮮で楽しくはある。


できたら、私も作りたかったが、作業量的に無理があった。


家庭菜園用にでも、ちょっとしときゃよかった。
株式会社太陽野菜 | 2010.11.24 Wednesday | カテゴリー : 栽培全般 | comments(0)

冬に近づく

2010110911560000.jpg
有明海にしては荒れている、今日は冬のような海をのぞむ段々畑の頂上の7セほどの畑で
母から借りたポータブルラジオで、国会答弁を聞きながら
明日には、レタスを植えたいから、昨日からの水やりのやりのこしをしている。
強い風に吹かれてたまにフラフラして、
朝から家を出るとき妻に
「その格好で寒くないと?」
と言われて、
「よかろ。」
と出てきたのを後悔しながら。



遠い国会では相変わらず、
「農家を〜」「農業を〜」
なんて言われて、自分も含まれてるのか、
何を農家やら農業やらいっているのか(結局、米?)、
よくわからないが、まぁ、エンターテイメントとしても
それなりに面白い。



「よく色々調べとらすとやろうな。」
とは思うけど、
答弁の中の農家、農業の社会的な役割も立ち位置もなんだか焦点が曖昧なようで、
しかも、
『トウゴウサン(10:5:3)の「3」や。』
と言われるような、あんまり税収もとれていない農業を
そんなにフューチャーされているのも何だか気色がわるい。


なら農家にもっと儲けさせて、同時に、税金もしっかりとるような仕組みにもしないといけないだろうし、
そういう、理詰めにできない部分があるなら(あると思う)ちゃんとみんなに理解してもらわないと。
税金をあてがうなら。



米や野菜は、人が田んぼや畑で作るんであって、
国会でも市場でも資材屋さんでもないしなぁ。


…う〜ん。



あ〜、荒れとっても、穏やかでも、海って、
よかな〜。
株式会社太陽野菜 | 2010.11.09 Tuesday | カテゴリー : 栽培全般 | comments(0)

HYAKUSYO

2010102721070000.jpg
最近、突然騒がれ出した、TTP(環太平洋戦略的経済パートナーシップ協定)。


画像は、娘たちが書いた家族の絵とハート。


話を戻して、どういう訳か、農業が引き合いにだされて、
農業を守るだの、守らないだの…。


こういう時の「農業」って、なに?
って思ってしまう。

まぁ、言葉遊びになってしまいそうだけど。



それにしても、農家っていつからこんな、
「守らないと。」
みたいな扱いというか、腫れ物みたいになったんかな。


実際の百姓っていうのは、
もっとしたたかで、賢くって、んな、ヤワじゃないハズ!


あぁ、だからこんな立場を自ら選んだのか?
それとも、お侍さんの時代から、変わってないのか?


お侍さんって言えば…、
日本の侍は、世界でも有名で、

「OH! Japanese SAMURAI」

なんて言われているイメージがあるが(古い?)、
日本の百姓だって、日本が世界に誇れるもんだと思う。


「I'm not a farmer but a japanese HYAKUSYOや!」

って、言ってやろう。

…あってるかな?

2010102721130000.jpg
株式会社太陽野菜 | 2010.10.27 Wednesday | カテゴリー : 栽培全般 | comments(2)

土壌分析

2010101405290000.jpg
13日、朝から愛野の畑にレタスを植え終わり、
午後から、購入した土壌分析器の説明を受けた。


まず、持ってきた畑の土を乾燥させておき、一ミリの目のフルイにかける。
その土を、昔のカメラのフィルムケースのような容器に、軽量し、少量入れる。
それに、「土に溶け込んでいる養分を溶け出させる液」を入れる。
出てきた溶液を、注射器で1〜9まで番号が振り分けられている容器にいれ、
実際に測定に使用する、3〜9それぞれに、試薬を入れ、着色する。

着色された溶液に、「光を照射し、色を判断し、数値を取り込む装置」を使って
パソコンにそれぞれのデータを取り込む。

これにより、測定するものは以下の通り
1、硝酸態窒素
2、可給態鉄
3、可給態リン酸
4、交換性カリウム
5、交換性カルシウム
6、交換性マグネシウム
7、交換性マンガン


また、別に、フルイにかけた土に精製水を適量加え
上澄み液を用い、以下のものを測定する。

1、CEC
2、EC
3、PH



せっかくだから、ジャガイモのテスト圃場の土を
それぞれ9種類、プラス、今、ジャガイモを作っている畑の土を用意し、測定した。


想像していた結果と結構違ったから、少しがっかりだったが、
結果は、結果として受け止めよう。
それで、また、あまり間を開けずにやろう。
もう1つの簡単なECとPHの測定値と、
自分の感覚や経験と三つを擦り合わせて。

そうやって、この測定値の矛盾や誤差を含めて、使い方や考え方を
現実的になるように、昇華していきたいと思っている。


人に、伝えることが出来そうなことは、正解に伝えていけるカタチにしていって
微力ながら、この地域や私の近くの人、しいては、日本の農業のボトムアップに貢献していけたら…


と思う。


カミサンと2人、説明を受けながらやった。
一緒に、理科の実験をしているようで楽しかった。

今度は、子供たちとも一緒にやりたい。


結果はまた、後日ブログに載せます。

2010101405300000.jpg
株式会社太陽野菜 | 2010.10.14 Thursday | カテゴリー : 栽培全般 | comments(3)
Page: 1/5   >>

Entry

Category

Comment

Archives

Search

Link

Feed

Mobile

qrcode