母、末吉家最強説

IMG_20170923_204729_077.jpg
とんとお天道様が顔をださない。
いつもはこの時期、雨を待ちわびているのに。

春、関東が九州の天気を引き継ぐように
秋、九州に関東から流れが下ってくるのかな。

去年も関東雨シーズンの後、九州も雨ばっかりだったな。

今日、休憩中に母親と話していたら
スズメバチが飛んできて、
私と松尾くんとびびっていたら
一週間ほど前、スズメバチに刺されて痛かったと
蚊にでも刺されたようにつぶやいた。

私が
「いや、スズメバチじゃないやろ?」
といったら、母
「こん、飛びよるとたね。(訳:この飛んでいるやつですよ)」

「このデカかと?!」

「そがんこ〜ふとなかろもん。(訳:そんな、こうも大きくないでしょう)」
と、両手を広げてにやけていた。


「手ぇのあいたぁ!!ってなって見たら、こん蜂のとまっとって、た〜痛さも痛さ!しんまでふんつぶしてやった!」
(訳:手に強い痛みを感じて見てみるとこの蜂がとまっていて、痛いこと痛いこと!スズメバチが死ぬまで踏み潰しました。) 私
「痛かどころじゃなかろ〜もん!もうどがんもなかと?」
(訳:痛いどころじゃないだろうに!今はどうなっていますか?) 母
「夜のかゆさが!今はどんもなか。」
(訳:夜かゆみがひどかった!今はどうにもありません。) 私
「たぁ」
(驚愕のため息的な言葉)

ちなみに母はこの日、なにごともなかったように普通に仕事をしている。

二年ほど前、朝からご機嫌だった父がスズメバチに刺されたときは
直後からこの世の終わりかのように真っ青な顔になって
畦道にしばらく座り込んで帰宅した。

松尾くんに
「刺されたってだけで、結構へこみますよ!」
と言われた母はテヘペロ気味で笑っていた。
株式会社太陽野菜 | 2017.09.23 Saturday | カテゴリー : - | comments(0)
<< エントリー : メイン >>

コメント









Entry

Category

Comment

Archives

Search

Link

Feed

Mobile

qrcode